荒川区町屋の歯科医院|松田歯科クリニック

義歯


診療案内 矯正治療 ホワイトニング 義歯 歯周内科治療


義歯(入れ歯)


現在に至るまで幾つの義歯を作成してきたのか定かではありませんが、
相当数になるのは確かだと思います。

保険診療の範囲においても
多くの患者様にある程度満足して頂いているのではないかと思っているのですが、
患者様からよく聞かれる不満事項は、

「もう少し薄くならないか」
「もう少し小さく出来ないか」
「前歯にかかる金属の針金は見た目が良くない、どうにかならないか」


というものです。

異物を口の中に入れるわけですから違和感を伴うのは有る程度仕方の無いことなのですが、
その異物感を少しでも小さくしたいという思いは痛いほど理解できます。



バルプラスト

バルプラスト

現在、当医院においては1〜3歯欠損の患者様を中心に
バルプラストをお勧めしています。

非常に軽くて薄い弾力性に富んだ素材で出来ていますので
違和感は保険で作る入れ歯よりも格段に少ないと思います。

また針金等金属を使用しませんので
審美性にも優れていますし、金属アレルギーもありません。

バルプラストを使用して頂いている患者様にも好評のようです。


金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯(金属を用いた入れ歯)にはコバルトクロムを
用いたポピュラーなものとチタンを用いたものが主であります。

金属を用いた入れ歯の利点は、
強度を生かして薄く作れること、
熱伝導性に優れるので食感が保険の入れ歯よりもあることでしょうか。

特にチタンの入れ歯は金属アレルギーも無く、軽量であるので長期でご使用される場合に
費用対効果は充分にあると言えるでしょう。(詳しくは料金表をご覧下さい。)



バイオシリコーン義歯

バイオシリコーン義歯

硬い入れ歯はどうしても嫌だ、
痛いという患者様において
少数歯の欠損の場合はバルプラストとなりますが、
多数歯の欠損、あるいは総入れ歯となる場合
バイオシリコーン義歯が最適かと思います。

非常に軟らかくフィット感に優れた入れ歯です。
(詳しくはループ技工所のHPへ)

現在地:トップページ診療案内義歯